乱視用のコンタクトレンズ

乱視用コンタクトレンズとは

コンタクトレンズには、乱視を矯正させる乱視用のコンタクトレンズもあります。コンタクトレンズには、ハードとソフトのレンズがありますが、乱視用のコンタクトにもこの2種類があります。一般に乱視にはハードコンタクトのほうがよいと言われています。

乱視とは、本来丸いはずの角膜や水晶体がゆがんでいるため、眼に入った光が屈折異常となり、焦点があわずに遠近両方ともぼやけてしまうという症状のこと。

乱視を矯正するには、焦点が定まるよう光の屈折を調整する必要があります。そのためには、目のゆがみの方向と反対のゆがみを持ったレンズを正しく向きを合わせて入れれば、互いに打ち消しあって、ゆがみがなくなります。

でも、通常コンタクトは、角膜の上で瞬きのたびに少しずつ回転します。レンズがずれてしまえば、乱視を矯正することができなくなります。そのため、乱視用のコンタクトでは、回転が制御されるように加工されています。

なお、乱視用のコンタクトで矯正をしていくには、眼科医できちんと診てもらい、自分のゆがみに合ったレンズを使用するようにしましょう。

使い捨て乱視用コンタクト

乱視用のコンタクトレンズでは、レンズが角膜の上で回転しないよう加工されています。その方法にはいくつかの種類がありますが、使い捨てレンズの場合、「後面トーリック法」という方法が採用されています。

これは、乱視度数をレンズの裏側に入れる方法で、目の表面のゆがみとレンズの裏側のゆがみをぴったりと合わせることで、レンズを回転しづらくしているというものです。

主な商品には以下のようなものがあります。

・ワンデーアキュビュー 乱視用
・フォーカスデイリーズアクアトーリック
・アキュビューオアシス 乱視用
・アキュビューアドバンストーリック
・エアオプティクス乱視用
・フォーカストーリック
・メダリスト66トーリック
・バイオメディックストーリック
・ロートiQ14トーリック
・ピュアビジョントーリック

乱視用の使い捨てコンタクトには、1day用と2week用がありますが、2week用のほうが人気があるようです。