1週間連続装用レンズ

1週間連続装用レンズとは

1週間連続装用タイプとは、1週間日中はもちろん、就寝中も装着ができるタイプのコンタクトレンズのことです。1dayタイプや2weekタイプは寝るときはずすのが決まりですが、この1週間連続装用タイプはそのような必要がありません。つまり24時間高い視力を保つことができるというわけです。

目に入れたままにできるため、朝の忙しいときなど装用に時間をとられることがありません。また、面倒な手入れをする必要がないのもメリットです。コスト面でも1dayタイプよりも低くすむため、安く手軽に使用したいという人にはオススメです。ただし、一度はずしたレンズの再使用できません。たとえ1日しか使っていなくても、新しいものと交換するようにしましょう。

なお、1週間という期間装着しているため、目に障害が起きる可能性が高いので、1週間連続装用レンズを使用するときは、1ヶ月に1回の眼科検診が義務づけられています。

1週間連続装用レンズの注意点

1週間連続装用レンズは、夜寝ている間もつけたままにできます。これは毎日装用しなければならないタイプと比べれば非常に楽です。

しかし、長時間装用することから、慢性的に角膜への酸素不足が発生します。特に睡眠時は涙が分泌されず、目への酸素供給は起きているときの3分の1にまで低下。角膜内皮細胞の減少が、もっとも多いタイプのコンタクトレンズと言えます。また、長時間消毒や洗浄をしないで着けっ放しにしていることなどから、目の炎症などがおきやすい面もあります。

以上のような理由から1週間連続装用タイプは、どうしても仕事が忙しいときなどに限定して使用することをオススメ。1dayタイプや2weekタイプのコンタクトレンズと併用しながら上手に使うといいでしょう。

なお、強度の屈折異常、白内障の手術をしたことがある人、結膜炎のある人、涙の少ない人は使用することができません。