ソフトレンズ

ソフトレンズのメリット

ソフトレンズは、ハードレンズの装用感の悪さをカバーするために開発されたレンズです。いくつかの種類がありますが、主流は、1日ないし2週間で新しいレンズに交換するタイプ。

ソフトレンズのメリットとしてまず挙げられることは、水を含む柔らかなレンズでできているため、初めて使用する人でも違和感を感じることがほとんどないということです。

そして、直径が大きく角膜全体をすっぽり覆うため、ゴミやほこりが入りにくく衛生的であるということ。しかも激しいスポーツなどをしてもずれたり、落ちたりすることがあまりないのもGood。ソフトレンズの種類によっては面倒なケアが必要ありません。

コンタクトレンズというと近視の視力補正に使用するものと思われていますが、最近では乱視用や遠近両用の使い捨てソフトコンタクトレンズも登場しています。

ソフトレンズのデメリット

ソフトレンズとハードレンズの大きな違いの一つにレンズの大きさがあります。ソフトレンズは直径が約13~14.5mm。直径約9mmのハードレンズと比べるとかなり大きく、角膜全体がレンズで覆われることになります。その分、角膜への酸素供給量が少なく、目の負担が高くなります。

また、装着中に違和感や痛みを感じることがないため、目の障害に気付きにくいという面があります。

使い捨てタイプではないソフトレンズの場合、使用のたびに洗浄や煮沸などの手入れをしなければならず手入れはそれなりに面倒です。

ほかにもランニングコストが高いことや素材が軟らかいので非常に強い乱視や近視、円錐角膜は矯正できないなど光学的にやや劣る面もあります。