ハードレンズ

ハードレンズのメリット

ハードレンズとは、硬いプラスチックでできたコンタクトレンズのこと。現在主流なのが酸素透過性ハードコンタクトレンズと呼ばれるものです。

ハードレンズは、ソフトレンズと違い、瞬きの度にレンズが動くことで涙が入れ替わり、涙に含まれる酸素を取り入れることができるため、角膜に多くの酸素を供給することができます。そのため、長時間の装用が可能です。

また、眼球表面で動くため角膜にキズができると痛みを感じ装用していることができません。そのためキズや病気の早期発見、早期治療につながり、角膜障害が重度になることが少ないと言えます。

また水道水ですすぎができるなどケアも簡単で、レンズの寿命は2~3年という長さです。購入価格は高いですが、長期にわたって使用できるため、長い目で見ると経済的と言えるでしょう。

ハードレンズのデメリット

ハードレンズは、最初から誰もが手軽に使用できるかというとそうではありません。慣れてくれば大丈夫ですが、最初は装用するのに多少時間がかかるなど戸惑うことがあるようです。

また、ソフトレンズに比べ、初めてはめたときの違和感が大きく、ゴロゴロした感じがします。慣れてくれば快適に使用できるようになりますが、慣れるまで人によりますが、だいたい1週間くらいかかります。

ハードレンズはその直径が角膜の直径の約3分の2という小さなレンズです。そのため、運動をしているときやちょっとした衝撃などでもずれたり落としたりすることがあります。